2020年度 一口馬主クラブ募集馬情報の公開【グリーンファーム愛馬会】

馬主ノウハウ情報

2020年度 一口馬主クラブ募集馬情報の公開【グリーンファーム愛馬会】

taka
taka

皆さん、こんにちはー!takaです!

taka
taka

今日は2020年度のグリーンファーム愛馬会の募集馬が発表されたので募集馬を確認していくよー!

2020年度 グリーンファーム愛馬会募集馬のおすすめ

グリーンファーム愛馬会の募集馬一覧はこちらから確認してくださいー。

では、募集馬の選定をしていきます!

マキシマムドパリの19(ハービンジャー) 牡馬

動画を確認すると左前脚が若干内よりに出ていて、歩様の感じが外弧歩様の部分が気になる点ですね。

き甲から肩端の角度を確認すると、ステイヤー寄りの形をしているように見受けられますが、血統的には中距離くらいの血統だと思っております。

母は実績馬でその初仔ですから、クラブの1番手評価になるとは思いますが、個人的にはもう少ししっかりとした馬体だと良かったと感じています。

オールドパサデナの19(キングカメハメハ) 牝馬

動き自体に変なところがあるかというとそんな感じは無かったですが、全体的に華奢の馬体に映りました。

ここからの成長次第ですが、キングカメハメハ産駒の牝馬だと割引が必要だと思います。

ジェシカの2019(リオンディーズ) 牡馬

歩様は外弧歩様がちょっと目立った感じで若干立ち気味に見えなくもないですが、悪くは無いと思います。

魅力的なのはこの血統面ですかね。

名牝のダイナカールが母系にありながら、キンカメとシーザリオの仔であるリオンディーズですからこの点だけでも出資したくなる内容です。

あとは厩舎が音無厩舎という点も問題ないでしょう。

ファニーストーリーの19(ドレフォン) 牝馬

前ががっちりしていて明らかにパワーのある感じがして、歩様も悪くはないと思いますし全体的に良く映りました。

この感じをみると順調に行けば早い段階でデビューをしていける馬だと思います。

新種牡馬のドレフォンですし、出資候補にしても良さそうです。

エレンシアの19(ゼンノロブロイ) 牡馬

若干、歩様が外弧歩様で後ろ脚がやや突っ張っている感じでしたが、前脚の出方は良いと思います。

馬体感も明らかにおかしいところは無いので問題ないとは思いますが、ゼンノロブロイ産駒という点だけがネックで、今の競馬界でゼンノロブロイ産駒が活躍できるかどうかですかね…。

ボーナスチャンスの19(ジャスタウェイ) 牡馬

動画では重さは感じなかったですし、トモに比べて明らかに前側ががっしりとしている気がします。

歩様もまっすぐに脚が出ていますし、特に目立って悪いところは無いかなと思います。

既に馬体重が500kgを超えているということで、以前、500kg近い馬に出資した際は結果的に上手く身体を使えず引退するという馬もいました。ここから成長した際にしっかりと身体を使えるような動きが出来るかどうかだと思います。

ベアトリッツの2019(モーリス) 牝馬

馬体感からは全体的にちょっと小さいかなーと感じました。

また、馬格からはマイラーの馬格をしている感じがします。

モーリス産駒なのでキレは期待できないというのと父モーリス、母父ディープインパクトは2歳に良血馬が多いですが、なかなか結果が出ていないのも気になるところといった感じでしょうか。

デザートオブムーンの2019(マジェスティックウォリアー) 牡馬

動画をみると背のラインが少し窮屈に映りました。もう少し歩様に力強さがあると良いかなと思います。

血統的にはダート路線だとは思いますが、もう少し前ががっしりしていると良かった気がします。

また、2歳馬の姉の成績なども注目しておくのが良いですね。

ナスノシベリウスの2019(ハーツクライ) 牝馬

動画での歩様は力強さがあり、馬体感も非常に良く映りました。

馬体重は若干小さいものの動きも問題ないですし、血統面も父ハーツクライ、母父Unbridled's Songという血統で同血統にはスワーヴリチャードがいます。

個人的にですが厩舎が武井厩舎という点だけ非常に厳しいですが、それ以外は合格点だと思いますので、厩舎を我慢できれば出資したい1頭です。

ジャドールの2019(ロードカナロア) 牡馬

若干、外弧歩様なのと背中のラインが気になります。ただ、全体感はそこまで悪くないですね。

首がやや太めに映ったのでどちらかというと短距離向きなのかなと感じます。

ちなみに父ロードカナロア、母父フジキセキでデビューしている馬は31頭いるのですが、獲得賞金の平均額は約1,000万円程度となっていました。

この馬の募集価格が2,400万円なのでこれを高いとみるか安いとみるか意見が分かれそうです。

アースサウンドの2019(モーリス) 牝馬

馬体感がどっしりした感じでキレというよりパワー系の馬体に見えます。

父はモーリスではあるものの、種牡馬モーリスとしては軽い芝よりダートの適性の方がありそうな気がしているという点、さらに母系、兄弟の実績からダート路線になるかもしれませんね。

サザナミの2019(ハービンジャー) 牡馬

ちょっとまだ全体的に幼いですね。歩様もあまり強さが感じられないです。

馬体重も385kgとこれからの成長次第というところでしょうか。

アースリヴィングの2019(ルーラーシップ) 牝馬

前から見たときに胸が薄い、また、ルーラーシップ産駒なので長距離向きかもしれませんね。

また、肢勢がX状肢勢になっている点が気になりますが、X状肢勢になっているからダメという訳ではないのでそこまで気にする必要はないかもしれません。

シンギングセンセーションの2019(イスラボニータ) 牡馬

若干、頭が高くてもう少し推進力のある歩様をしてほしいとは思いました。

ただ、それ以外に突出して悪いところは無さそうなので無しではないと思いますが、新種牡馬のイスラボニータがどうなるかですかね。

ティアラトウショウの2019(ドレフォン) 牝馬

こちらも新種牡馬のドレフォンです。

動画での見栄えは前ががっしりしていて良く映りました。脚がちょっと立ち気味なのが少し気にはなりますが、出方などは問題なさそうです。

また、父がドレフォン、母父がアドマイヤムーンということで、アドマイヤムーン産駒に関しては芝の短距離が好走していたというデータがあるため、ドレフォンとの血統でどのように変化するか楽しみではあります。

ウィズザフロウの2019(オウケンブルースリ) 牝馬

馬体を見た感じでは脚がちょっと細いというのと首と頭の角度がちょっと急なので喉が心配なことくらいかなと思います。

ただ、全体感は非常に良いサイズだと思いますし、脚の出方も悪くないと思います。

後はこの血統による距離適性などが分からないといった点でしょうか。

ネオヴィクトリアの2019(リーチザクラウン) 牝馬

馬体が非常に小さくて物足りないですね…。

ここからの成長次第ですが、現段階では競走馬としてはキツイかなぁーという感想です。

メロディーレーンのようなパターンもありますが、普通はあまりないので厳しいと思います。

イブニングサンダーの2019(イスラボニータ) 牝馬

トモがちょっと寂しいというのと全体的に小さいですね…。

この馬もこれからの成長次第だと思いますが、募集価格が800万円なので、1勝+何走か好走出来れば元が取れます。

そういった点から出資しても面白いかもしれません。

マウントフジの2019(ミッキーアイル) 牡馬

脚の出方なども悪くないですし、馬体も明らかに変なところは無い印象を受けました。

特別募集馬ということで申し込むには何かしらの条件が発生しますが、条件をクリアしているのであれば申し込んでも良い馬な気がしています。

まとめ

taka
taka

グリーンファーム愛馬会の募集馬を全頭確認してみましたー!

今回の募集馬で僕が申し込みするのであればナスノシベリウスの19、ジェシカの19、また特別募集のマウントフジの19にします!

グリーンファーム愛馬会の募集馬を申し込みをされる方の参考になればと思いますー!

ちなみに自分が参考にしている馬体と血統の書籍は以下になりますー。

結構わかりやすいので個人的にはおすすめです!

おすすめの書籍

馬体は語る】

治郎丸 敬之 (著), 競馬道OnLine編集部 (著), 一口馬主DB (監修)

【勝ち馬がわかる血統の教科書】

コメント

タイトルとURLをコピーしました