一口馬主の種牡馬配当について【馬主は種牡馬が最も儲かる?】

馬主ノウハウ情報

一口馬主の種牡馬配当について【馬主は種牡馬が最も儲かる?】

こんにちはー!今日は競走馬としての生涯を終えてから、ごくわずかでしかなれない種牡馬に関する記事を書きたいと思います。

種牡馬になるためには?

毎年、8000頭以上の競走馬が誕生しますが、種牡馬として余生を過ごせるのは本当にごくわずかしかいません。

まず当たり前ですが、牡馬でなければ種牡馬にはなれませんね。さらに競走馬成績はかなり良い成績を残しておかなければならず、G1を1勝しただけでは種牡馬にはなれないかと思います。

またこれは運になってしまいますが、G1を複数回勝っていたとしても、血統的に飽和しているような血統だと種牡馬としての価値は落ちてしまう可能性もあります。

種牡馬は儲かる?

種牡馬になるためには種牡馬を繋養している牧場に買い取られることが条件となります。牧場で買い取られればその金額が馬主へ渡るのですが、この金額がすごい金額になります。

現役時代のレースで稼いだ金額が14億円に対して、種牡馬での価格は約50億円以上になった馬と言えばディープインパクトです。

最近の競馬界で最も稼いだ馬になります。

キングカメハメハは約21億円程だと言われており、ロードカナロアは19億円程だと思われます。

こう考えると現役時代に輝かしい成績を残し、いかに種牡馬としての価値を高められるかが競走馬生活として大切だと思います。

具体的に会員にはどの程度の種牡馬配当が入るのか?

一口馬主の会員で運よく種牡馬となる馬を手に入れた場合、実際にどの程度の配当が入るのか見てみましょう。

19億円程度の金額で売却された場合、一口当たり約150~200万円程度の配当が入ってきたと考えられます。

種牡馬での可能性を考えると牝馬に出資をするよりも牡馬に出資をすることで夢が膨らむかもしれません。

ただ、牝馬に比べて牡馬のほうが価格は高くなる傾向ですし、牝馬は牝馬でキャロットクラブや東京サラブレッドクラブであれば、子供に出資が出来る権利を得ることあるのでそれぞれ一長一短だと思います。

まとめ

現役時代に功績を残し種牡馬として余生を過ごせる馬はごく僅かではありますが、もし種牡馬として余生を過ごせる馬に出資が出来たら、これほどうれしいことはないと思います。

個人的に一口馬主の目標はたくさんありますが、最終目標は愛馬が種牡馬になるというところにおいています。

もし、種牡馬になれたら一口馬主をやめてしまうかもしれないくらいの目標です。笑

ぜひ、皆さんも種牡馬を一つの目標として一口馬主生活を始めてみてくださいー。

ちなみにですが、もし一口馬主を始めたい、始めているけど費用の負担が厳しい…、そんな方がいらっしゃいましたら以下の記事で固定費の見直しに関してまとめていますので参考にしてみてくださいー。

一口馬主を始めたいけどお金がない!【自分の固定費を見直そう!】
一口馬主を始めたいけど、お金がない!そんな方に家計簿を見直して支出を減らす方法をご紹介します。誰でもできますし、すぐに効果があるので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました