2020年度 一口馬主クラブ募集馬情報の公開【東京サラブレッドクラブ】

馬主ノウハウ情報

2020年度 一口馬主クラブ募集馬情報の公開【東京サラブレッドクラブ】

taka
taka

皆さん、こんにちはー!takaです!

taka
taka

今日は2020年度の東京サラブレッドクラブ募集馬が発表されたので気になる募集馬を紹介していくよー!

2020年度 東京サラブレッドクラブ募集馬のおすすめ

東京サラブレッドクラブの募集馬一覧はこちらから確認してくださいー。

では、募集馬の中から個人的に気になる馬をピックアップしていきます!

ラストグルーヴの19(ロードカナロア):牡馬 6,000万円

まずはこのラストグルーヴの19ですよね!

兄弟に重賞勝ち馬はいないものの期待されている血統馬です!

一つ上のカランドゥーラはモーリスの子供で先日の新馬戦では2着でした。

さらに一つ上のレッドルレーヴはフラワーCを2着の実績がありますので、そろそろ重賞勝ち馬の産駒が出てもおかしくないと思います。

初めてロードカナロアをつけてどうなるか楽しみな1頭ですが、めちゃくちゃ人気すると思いますので抽優を使うか非常に悩みます…。

リュズキナの19(ハーツクライ):牡馬 5,000万円

続いてはリュズキナの19です!

3代目で初めてハーツクライを付けています。

父がハーツクライ、母父がストームキャットの競走馬としてはGⅠ勝ち馬はいないものの、青葉賞を勝ったゴーフォザサミットなどがいます。

1つ上のレッドジェネシスはディープインパクトを付けていますが、7月にデビューを控えているので、この仔の走り次第でめちゃくちゃ人気する1頭になりそうですね。

レッドファンタジアの19(ハーツクライ):牡馬 5,600万円

続いてレッドファンタジアの19です!

この兄弟にはGⅡを勝ったレッドベルジュールがいますし、そのほかの兄弟も重賞に出るくらいの力がある産駒です。

一つ上のレッドベルオーブもまもなくデビューということで、こちらも活躍次第では人気する1頭でしょう。

また、兄弟はすべてディープインパクトでしたが、初めてハーツクライを付けた産駒となるでどのような感じになるか興味深いですね。

ただ、母馬優先権があるので抽優権を利用しなければ、正直出資するのは難しそうです…。

スタイルリスティック(キタサンブラック):牡馬 2,200万円

次にスタイルリスティックの19になります。

この仔は新種牡馬であるキタサンブラックを付けているので正直どのような結果になるか全くわかりません…。

キタサンブラックの父であるブラックタイドの弟のディープインパクトはストームキャットとの相性が良かったですが、ブラックタイド産駒では産駒も少ないことから活躍馬は出ていないです。

そのような状況で子供であるキタサンブラックとの相性が個人的に楽しみです!

ドライヴンスノー(ディープインパクト):牝馬

ドライヴンスノーの19です。

父がディープインパクトで母父がストームキャットという組み合わせは鉄板の組み合わせですね!

個人として兄を一口持っているので、この仔も出資出来るようであれば申し込みを行いたい1頭になります。

まとめ

taka
taka

今のところ東京サラブレッドクラブで気になる募集馬を紹介したよー!

正直、まだまだ気になる募集馬がいて、馬体を見れていないものの、値段だけみると第一候補としてリュズキナの19に出資したいです。

※申し込みする馬を決めたら、改めて記事で紹介しますねー!

ちなみにですが、僕自身が血統と馬体に関して勉強した際に利用した書籍を以下の記事で紹介していますので、気になる方は参考にしてみてくださいー。

また、その他の各クラブの募集馬情報も以下の記事で更新していますので参考にしていただければと思いますー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました