一口馬主の海外遠征について【海外遠征費ってどうなるの?】

馬主ノウハウ情報

一口馬主の海外遠征について【海外遠征費ってどうなるの?】

こんにちはー!今日は一口馬主の海外遠征について解説したいと思います。

海外遠征ってどうなの?

以前までは海外遠征というと挑戦する日本国内馬はそんなにたくさんいない印象でしたが、最近になり海外への遠征は当たり前のようになってきました。

特に香港やドバイ、フランスの凱旋門賞などは毎年のように日本馬が遠征します。さらにここ10年間くらいは毎年海外のG1を優勝している実績もあります。

では、実際に遠征ってどうなんでしょうか?

国内で走らせることに比べてのリスクなどを考えていきたいと思います。

海外遠征のリスクは?

海外遠征の一つ目のリスクは移動に伴う馬への負荷ですかね。

どうしても海外となるので、日本国内に比べて馬への負荷は高いです。

香港などの比較的近い地域であれば、だいぶマシだと思いますが、フランスなどであれば、結構な距離ですからね…。

そして、レース後のダメージなどもリスクとして考えなければなりません。

凱旋門賞などに出走した後、日本国内で思うような成績を残せず引退してしまったような競走馬もいるので、このようなリスクも考えておかなければならないです。

そして、海外遠征による最大のリスクはやはり金銭面だと思います。

海外遠征を行うにはどうしても遠征費が発生します。

この遠征費ですが、出走するレース、招待レースなのかどうかなどによって金額は異なりますが、ざっと見積もっても800万円~1000万円程度かかる想定になります。

※招待レースであれば費用は安くなります。

これを一口馬主の口数で割るので、もし500口クラブであれば一口あたり、1.6万円~2万円程度の出費となります。

これを高いとみるか安いとみるかはその人次第ですが、一番の問題は海外遠征を行うかどうかの判断は出資者で行えない点だと思います。

人によっては、えっ、2万円も追加で出費があるの…。とか、海外遠征を行った後のダメージを考えると遠征してほしくないな…。など色々な考えがあると思います。

そういったことも考慮すると海外遠征を行うべきかどうか、出資者に多数決で決めるなどの措置があると良いなと思います。クラブによってはアンケートなどがあるそうです。

まぁ、海外遠征を行うような馬に出資したことはないんですけどね…。笑

メリットはないの?

では、海外遠征によるメリットはないのか?という点ですが、レースによっては高額な賞金が出ます。ドバイのレースなんかは優勝賞金が4億円、6億円など日本のレースに比べて非常に高額です。

あとは、確か香港のレースを優勝した際は口取りの人数に制限はなかったような気がします。

現地に行かれた出資者は皆さん口取りに参加していたように見受けられました。

あとは、旅行気分で遠征が出来るのかなーと。まぁ、費用はかかりますけどね…。

まとめ

正直、こればかりはメリット、デメリットで判断するより自分が出資した馬が海外遠征へ行くという夢を追っているような気がします。

そもそも一口馬主を始めた段階で利益を求めるというより夢を求めているようなものですからね。

ぜひ、皆さんの出資馬で海外遠征を行う予定があるのであれば応援してあげてくださいー。

ちなみにですが、一口馬主を始めたいけどお金がない!、始めたけど生活が少し苦しい…という方には以下の記事で自分の固定費を見直すことをおすすめします!

一口馬主を始めたいけどお金がない!【自分の固定費を見直そう!】
一口馬主を始めたいけど、お金がない!そんな方に家計簿を見直して支出を減らす方法をご紹介します。誰でもできますし、すぐに効果があるので参考にしてください。

あと、ブログを始めてみたいという方がいましたら、以下の記事でブログの始め方に関して簡単にまとめていますので参考にどうぞー。

一口馬主ブログでgoogleアドセンス合格!【2週間での合格方法!】
一口馬主のブログを始めて2週間、googleアドセンスの審査に合格しましたので、自分が意識したポイントとブログの始め方に関して記事にしました。ぜひ参考にしてもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました