一口馬主を始めたい!【初心者におすすめクラブは?】

馬主ノウハウ情報

一口馬主を始めたい!【初心者におすすめクラブは?】

以前、以下の記事でおすすめのクラブをいくつかご紹介しました。

一口馬主を始めるのにおすすめのクラブは?
一口馬主を始めたいけど、どのクラブがいいかわからない。そんな方に一口馬主を始めるのにおすすめのクラブを比較し、特徴などを説明しています。

ここではもう少し深くおすすめのクラブを紹介しますね。

自分の予算から検討する

一口馬主を始める際に自分の予算としていくら持っていて毎月いくらまで出すことが可能なのか、しっかりと把握することが大切です。

予算として毎月1~2万円くらいを想定していて、1口あたり2~30万円くらいを考えている方はシルクホースクラブ、キャロットクラブがおすすめです。

また、毎月の費用が10~20万円程度、一口あたりが20~300万円まで出資が可能な人であればサンデーレーシングに出資するのがおすすめになります。

上記、3つのクラブは現在の主流であるノーザンファーム産の馬を扱っており、ここ数年の実績は非常に高いです。

予算に余裕がある人の裏技

予算に予裕がある方であれば、サンデーレーシングをおすすめしましたが、ちょっとした方法としてシルクレーシングクラブに大量の出資を行うのも一つの選択肢です。

これはシルクレーシングクラブの出資方法が500口のうち、300口は過去3年間の実績制をとっているからです。

初年度、2年目、3年目は正直そこまでほしいとは思っていない馬に対して大量に出資を行い、3年目までに実績を作ることで4年目以降で自分の欲しい馬に出資することが出来るようになります。

これはサンデーレーシングでも同じですが、サンデーレーシングは40口なのでその分の費用は高くなります。

また、出資を行うということはその競走馬を引退まで所有しなければならないので、その間の維持費などはかかります。

確実に欲しい馬に出資をするのであればキャロットクラブ

キャロットクラブは母馬優先制度バツ1、2制度を取っています。

母馬優先制度はその名前の通り、母馬に出資していた会員が優先的にその子供に出資できる制度です。

有名どころでいうとシーザリオですね。この馬の子供はエピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアと優秀な子供がたくさんいます。

これを見越して牝馬に出資するというのも1つです。

また、バツ1、2制度はもし抽選で出資したい馬に出資が出来なかった場合に翌年バツ1として、優先的に出資ができる制度です。

さらにバツ1でも出資が出来なかった場合はバツ2となり、さらに優先的に出資ができるようになるため、この制度を利用することで最終的には欲しい馬に出資することが可能になります。

2年後の募集馬は分からないですが、出資したい馬に永遠と出資できないというストレスはないと思います。

僕自身はタイミングが悪くキャロットクラブに入会はしていないのですが、入会するのであればキャロットクラブはおすすめですね。

もし、抽選制を突破する自信があるのであればシルクホースクラブが良いかもしれません。笑

僕はたまたま運がよく2年連続で抽選を突破して希望の馬に出資できました。

ただ、出資した馬が必ず走るかというとそう簡単ではないところがまた難しく楽しい部分でもあります。

まとめ

初心者の方に改めて一口馬主のおすすめクラブを紹介しました。

自分の予算に合ったクラブを選んでまずは資料請求を行い、出資したいなと思う馬がいたら実際に出資してみるといいと思います。

ちなみに一口馬主を始めたいけどお金がないという方は以下の記事で固定費の見直しに関して記載していますので参考にしてください。

一口馬主を始めたいけどお金がない!【自分の固定費を見直そう!】
一口馬主を始めたいけど、お金がない!そんな方に家計簿を見直して支出を減らす方法をご紹介します。誰でもできますし、すぐに効果があるので参考にしてください。

それでは良い馬主ライフを~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました