2020年度 一口馬主クラブ募集馬情報の公開【キャロットクラブ】

馬主ノウハウ情報

2020年度 一口馬主クラブ募集馬情報の公開【キャロットクラブ】

taka
taka

皆さん、こんにちはー!takaです!

今日は2020年度のキャロットクラブの募集馬情報が公開されたので気になる募集馬を紹介していくよー。

2020年度 キャロットクラブ募集馬のおすすめ

キャロットクラブの募集馬一覧はこちらから確認してくださいー。

では、募集馬の中から個人的に気になる馬をピックアップしていきます!

※キャロットクラブの全頭診断を行いましたー!個人的な見解ですが出資の検討材料としてください!

ヒルダズパッションの19(ディープインパクト) 牡馬

上の兄弟、姉妹にヨシダやサンクテュエールがいる血統ですね。

血統面だけみれば間違いなく走ってくると思います。

一口価格と馬体次第ですが、十分に人気の出る募集馬でしょう。

シンハライトの19(キングカメハメハ) 牡馬

シンハライトの2番目の仔になります。

1番目の仔はモーリス産駒でデビューはまだしていませんが、かなり注目されていますよね。

この仔はキングカメハメハ産駒となります。

キングカメハメハ産駒はこの代でほぼ終わりとなりますので貴重な募集馬ですし、個人的には一つ上のモーリス産駒よりも期待している仔です。

当たり前ではありますが、絶対に人気になる募集馬だと思います。

サミターの19(ロードカナロア) 牡馬

上の兄弟にダノンチェイサーなどがいる血統です。

初めてロードカナロアを付けていますが、それによりサンデー系の血が一切入っていないというのは面白いですね。

もし、活躍すればサンデーが入っていない貴重な種牡馬になると思います。

そこまで突出した活躍馬がいないものの、この募集馬も人気になると思います。

ハープスターの19(ロードカナロア) 牡馬

名馬ハープスターの仔です。

馬体を見ないと何とも言えないという点はありますが、2016年度産駒の妹は活躍できなかったものの、血統面を見れば良血そのものなので、しっかりとした馬体を持っていれば活躍できる馬だと思います。

ルージュバックの19(ロードカナロア) 牝馬

ルージュバックの初仔になります。

ルージュバック自身GⅠを勝つことが出来なかったものの、力は十分にあった馬だったことは有名だと思います。

また、ロードカナロアとの子供ということで、こちらも血統を見れば非常に魅力のある血筋ですよね。

馬体感などにもよりますが、人気の1頭だと思います。

ジンジャーパンチの19(ロードカナロア) 牝馬

ルージュバックの半妹になります。

サンデー系の血が無いので、この仔も貴重な募集馬になりそうです。

活躍する、しないに関わらず、無事でいれば将来繁殖牝馬としても活躍しそうですね。

もちろん、血統背景から走ってくる可能性は高いと思います。

シーズンズベストの19(ロードカナロア) 牝馬

姉にシーズンズギフトという3歳馬が活躍しているという点、また、値段が上がってるロードカナロア産駒なので、値段はそこそこ高そうですが姉の活躍を見ると人気になりそうな募集馬ですね。

グランデアモーレの19(エピファネイア) 牝馬

半兄のグランデマーレはケガをしてしまったものの、2戦2勝という成績で走ることを証明しました。

また、エピファネイア産駒も活躍馬を多く輩出していることから、そういった意味でもこの仔の値段をそれなりにするかもしれませんね。

馬体感によっては人気になる馬でしょう。

ヒストリックスターの2019(ドゥラメンテ) 牡馬

半兄にハープスターのいる血統です。

血筋は素晴らしいですが、あとは気性面的にどうなるか?という部分かなと思います。

また、この血統で実質活躍馬はハープスターのみというところもありますが、人気になる事は間違いないと思います。

リッチダンサーの2019(ドゥラメンテ) 牝馬

姉にバウンスシャッセ、コントラチェックなどがいる血統です。

この血統は牝馬で出るか、牡馬で出た場合は全てセン馬になっていることが特徴的です。

また、牝馬の活躍が目立つ血統ではあるので、牝馬として出てきたことはプラスだと思います。

重賞クラスでも十分通用しそうで非常に楽しみな1頭です。

ディアデラマドレの19(モーリス) 牡馬

ディアデラマドレは重賞勝ち馬で母となって3番目の仔になります。

2つ上の姉は先月2勝目をあげており、伸びしろがある状態でこの先楽しみな1頭です。

今まではエピファネイアをつけていましたが、今回、初めてモーリスをつけての仔になるため、その部分がどうなるかですが、人気になる1頭だと思いますね。

バウンスシャッセの2019(モーリス) 牡馬

バウンスシャッセの2番目の仔になります。

この血統で気になる点は2点で1つはバウンスシャッセの母リッチダンサーの仔で牡馬は全て去勢されてしまっているという特徴があるため、もし孫の代まで受け継いでしまっていたら厳しいとは思います。

もう一つはモーリス産駒という部分ですね。

今後変わってくるかもしれませんが、現状、早くからの活躍があまり見込めないモーリス産駒なのでその部分がどうかという点です。

この2つを回避することが出来れば、非常に面白い1頭だと思います。

ディアデラノビアの2019(ハービンジャー) 牡馬

全兄にドレッドノータスがいる血統になります。

ディアデラマドレやグレイトオーサーなどもしっかりと走っていますね。

募集価格にもよりけりかもしれませんが、比較的募集価格を上回る賞金を稼ぐことが出来る母馬だと思いますので、人気する馬の1頭だとは思います。

クリソプレーズの2019(キタサンブラック) 牡馬

クリソライト、マリアライト、クリソベリルといった、数々のGⅠ馬を輩出したクリソブレーズの仔です。

今回は新種牡馬のキタサンブラックということで、どんな感じの仔かあまり想像がつかないですが、それなりの値段でもたくさんの応募が出る1頭なのは間違いないでしょう。

キタサンブラック自身異質だと個人的には思っているので、超が付く怪物が出るか、全く走らない駄馬が出るかの2択だと考えています。

シンハリーズの2019(ミッキーアイル) 牝馬

GⅠ勝ち馬のシンハライトを出したシンハリーズの子供になります。

意外だったのがミッキーアイルをつけたということで、今年の産駒の距離からもスプリントからマイル路線の子供になる?可能性がありそうですね。

ロザリンドの2019(スクリーンヒーロー) 牝馬

スクリーンヒーロー産駒とはいえ、兄にオーソリティなど重賞勝ち馬がいたり良血の子供なのでかなりの値段がしそうな募集馬ですね。

ただ、スクリーンヒーローなので、そこまで切れ味を持っている馬では無さそうな気はします。

まとめ

taka
taka

募集馬で一旦気になる馬をピックアップしましたー!

ただ、ここから価格と厩舎、馬体などを観て、良い馬を選別したいですね!

 

taka
taka

ちなみに自分が参考にしている馬体と血統の書籍は以下になりますー。

結構わかりやすいので個人的にはおすすめです!

おすすめの書籍

馬体は語る】

治郎丸 敬之 (著), 競馬道OnLine編集部 (著), 一口馬主DB (監修)

【勝ち馬がわかる血統の教科書】

コメント

タイトルとURLをコピーしました