【初心者マニュアル】一口馬主の始め方を徹底解説!

馬主ノウハウ情報

【一口馬主】一口馬主の始め方をイチから紹介します!

皆さん、こんにちはー、takaです!

本日は一口馬主の始め方をイチから説明させていただきますー。もし、これから一口馬主を始めてみたいなと考えている人は参考にしていただければと思います!

一口馬主の始め方 マニュアル

各クラブの募集時期を把握する

一口馬主を始めるには各クラブの会員になる必要があります。しかもクラブも多種多様で20以上のクラブが存在し、クラブによって新規会員の募集時期は異なるため、まずは各クラブの募集時期を把握しましょう。

 

taka
taka

なんでクラブの募集時期を把握する必要があるの?

なんでクラブの募集時期を把握する必要があるかというと募集時期を過ぎてしまうと、人気のクラブではほとんどの募集馬が満口になって応募が出来なくなるからです。

そもそも応募が出来なくなるということはスタートラインにすら立てなくなるということなので、募集時期はしっかりと把握しておきましょうねー!

各クラブの募集状況に関しては以下の記事で更新・紹介していますので確認をしてみてくださいー。

気になったクラブから資料をもらう

すべてのクラブに資料請求を行うと大変な数の資料が届くので、クラブをいくつかピックアップして資料の請求を実施するのが良いと思います!

各クラブの募集馬の特徴に関しては以下の記事で紹介していますので、資料請求の参考にしてくださいー。

募集馬を選定する

ここまで出来たら実際に募集馬を選定します!これが非常に重要です。

今後の一口馬主生活を楽しいものになるか、辛いものになるかはこの募集馬選びにかかっていると言っても良いです!

taka
taka

そんなこと言われてもどうやって募集馬を選べばいいか全然分からないよ…。

おっしゃる通りで募集馬の選択はものすごく難しいです…。

募集金額が高いから走るとも言えませんし、血統が良いから走るという訳でもありません。

まぁ、そういうところが競馬の楽しい面でもあるんですけどね!

実際に2歳時のタイミングでピックアップされていた有名馬・良血馬に比べて、今年のオークス馬であるデアリングタクトを走る!と思って出資した人はそんなにいないはずですし、ダービー馬のコントレイルがめっちゃ強い!と思ってPOGで指名した人もあまりいなかったのではないかと思います。

こういう点も含めて、まず最初は自分の予算と募集馬の見た目など自分の気に入った馬に出資することが良いと思います。

もちろん他人の意見を参考にするのは良いのですが、この人が良いと言っていたなど他人の意見だけを取り入れて決めてしまうと、自分的には出資馬にあまり愛着が沸かなくなってしまうので最終的には自分で決めることが重要です!

僕自身が実際に募集馬選定時に参考にしているおすすめの書籍は以下の記事で紹介していますので、興味のある方は読んでみて頂ければと思いますー。

クラブに申し込みを行う

出資する馬を選定したらあとは実際にクラブに申し込みを行います。

資料請求を行った段階で会員申し込み用紙がセットになっていると思いますので、その用紙に必要事項を記入して申し込みをすればOKです!

ただし、ここで注意することは申し込んだ募集馬が人気すると抽選や過去の出資実績での割り当てになるため、最悪1頭も申し込むことが出来なかったという可能性も出てきます…。

特にサンデー、社台、シルク、キャロットなどは即満口かつ抽選・実績になる馬ばかりです…。

しかも、一口馬主需要が増えているのか、昔に比べてその他のクラブでも結構な確率で即満口馬が出てきているので、このような状況からも複数のクラブに資料を請求することをおすすめします。

会員登録案内が届く

無事に出資が確定したら、クラブから会員登録の連絡と会員証が届きますので、これで晴れて一口馬主会員になります。

あとはデビューまで順調に行ってくれることを祈りつつ、クラブから発信される愛馬の情報を確認しながらワクワクしてデビュー戦を待ちましょう!

ここまでやるとその年の出資は終わるのですが、1年後すぐに来年の出資が始まりますのでそれまでに競走馬に関する勉強をして準備するのが良いと思います。

まとめ

初心者が一口馬主を始めようとした際の手順をイチから紹介させていただきました!

改めて重要なのは以下の点です。

  • クラブの募集時期を把握する
  • クラブから資料をもらう
  • 募集馬を選定する(少しだけ競走馬について勉強しておくとなおGOOD)
  • クラブに申し込みをする

この4つの手順を実施することで一口馬主としてデビューすることが出来ますので、是非これから始めようとしている方は参考にしてくださいねー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました